家電豆知識

布団がダニのせいでかゆい時の対策!叩くのは逆効果?家電オタクがおススメする布団乾燥機は!

今日も乾燥してますね・・・。

乾燥して肌があちこちかゆいー(>_<;)

今日は同じかゆさでも、違う原因でのかゆさについてご紹介していきましょう♪

うるる
うるる
最近ジメジメしたきたね・・・。
さはら
さはら

そうだね。

それでね、最近身体がかゆいんだよね(><;)

うるる
うるる
っえ?!どうしたの?どこがかゆいの?
さはら
さはら
ここ・・・
うるる
うるる
これ、ダニに刺されてるじゃん!
さはら
さはら
ダニなのか!かゆくて寝不足だわ(;;)
うるる
うるる
かゆみ止め持ってくるねー!

 

梅雨時期やなど雨が降ってしまうと布団を干すこときなくて、布団にいつの間にかダニがウジャウジャと・・・。

 

そこで、今回は布団に潜むダニ対策についてお話します。

 

・ダニを発生させない環境はこう作る!

・専門家の推奨の布団干し方

・ダニ対策におすすめの布団乾燥機のタイプ

ご紹介していきますね♪
ダニに悩まされている方にご参考いただけましたら幸いです^^

ダニの繁殖の時期と環境は??

うるる
うるる
ダニがたくさん繁殖しちゃうとかゆくなっちゃう以外にどんな事が起きちゃうか知ってる??
さはら
さはら
知らないーー。見えないし、何か害あるの?(´ε`;)
うるる
うるる
ダニが増殖するとね、ハウスダストの元になったりアレルギーを発症する原因となっちゃうんだよ!!
さはら
さはら
僕、昔からぜんそく持ちだからハウスダストはつらいんだよ。すぐヒューヒュー言うんだ(´;ω;`)

だからこそ、少しでも多くのダニを退治したいものですよね?

でも、どれだけ綺麗に掃除をしてもしても次々に湧いて出てくるのがダニです。

だ・か・ら!

ダニが発生しない環境づくりを作っていかなくっちゃね(;`O´)o

『 ダニにとって居心地の悪い環境を作る事 』

これが大事!!

でもどうやって??

それは、これから詳しくお伝えしていきますね(´∇`)!

ダニの繁殖  〜時期〜

ダニの繁殖時期・・・

6月から8月が主に繁殖しやすい時期となります。

理由・・・

25度前後の高い温度を好みます。
※20度から繁殖を初めていきます。

寒い時期にはほぼ繁殖は少ないですが、繁殖をしないだけで冬眠の様に動かずにじっと生きているんです。

さはら
さはら
じっと動かずにってめっちゃ怖いじゃん!(´・ω・`)
うるる
うるる
そうなの!毎シーズン常にダニはいるの!

ダニの繁殖   〜湿気〜

ダニの繁殖湿度

65%以上の湿度がダニにとっては快適な湿度なんです。

うるる
うるる

ダニは湿度が低いと繁殖しにくくなりますし、湿度が低いことはダニにとって致命的なの。

ダニは温度よりも、湿度が上がっている環境の方が活発化していくんだよ!!

さはら
さはら
って事は、梅雨時期・夏場でもしっかり除湿をして、湿度を下げる事ができればいいんだね?
うるる
うるる

そうよ!でもね・・・

冬場は乾燥しているからって言っても繁殖はしてるんだよ・・・。

うるる
うるる
・・・ん?!!!!さっきと言ってる事違うじゃん(´ε`;)

そうなんだけど、でも例外な場所があるの。

押入れの中・布団・ソファーの奥とかはダニがすごいんだよ!高温多湿になりやすい場所だから結局、年中繁殖してるって思ったほうが良いの(´;ω;`)

中でも、お布団はダニの住処としては快適な環境だからこそ対策が必要なの。

さはら
さはら
げげっっ(@_@;)それじゃどうすればいいの??
うるる
うるる
そしたら、対策を詳しく教えていくから、あなたも手伝ってよ!!
さはら
さはら
ん?!!今何か言った??ゲームに夢中で聞こえなかったー!(´ε`;)
うるる
うるる
・・・くそッ(`·ω·´) ノ

専門家の推奨の布団干し方はどうやるの?

方法としては3つあります。

・天日干し

・除湿機・布団乾燥機を使ってピンポイントで徹底除湿

・除湿剤を使って押入れ内を除湿

うるる
うるる
ここでは、すぐに取り入れられる方法として、天日干しについてお伝えしていきますね♪

天気がいい日に干した布団って本当に気持ちいいですよね^^

その日は寝っころがった瞬間、フワッとお日さまの香りに包まれて、ふわふわになった布団は誰もが好きだと思います!

より効果的な布団の干し方ご紹介していきます。

ダニの繁殖の抑制以外での布団を干す事で得られる効果

・湿気を飛ばす事での効果

・匂いの抑制する事での効果

ダニの繁殖の抑制以外の効果は大きく2つです。

湿気を飛ばす事での効果

人は寝ている間に平均的に500mlの汗をかいているのはご存知でしたか?

ペットボトル一本分です。

ペットボトルの水をお布団にかけたらオネショよりも悲惨な事になりますよね(´ε`;)

素材の特性上、中に湿気をため込んでしまいやすい素材もありますので、なおさら乾きにくいです。
ですので、布団を干すことで湿気を飛ばしフカフカ・サラサラな布団を取り戻すのです。

匂いの抑制する効果

皮脂・汗や加齢臭などでで匂いますので天日干しする事で、消臭効果にもなるんです!

天日干しでの更なる効果

綿の特性・・・

吸湿性が高く、ムレ感を感じにくいのが特徴。
その反面湿気がたまりやすいのです。

可能な限り毎日でも天日干しする事をおすすめします。

日差しの強い時期は短時間で!

夏などの日差しが強い日の天日干し・・・

殺菌効果に期待大です。
ですが、あまりに強い日差しが中の綿を傷めてしまう。

うるる
うるる

日差しの強い日は、日差しのまだ弱い時間帯である午前中に干すと傷ませずに天日干しができるんですよ♪

1-2時間で程度で効果もしっかりでてきますし7、傷ませずに済みますよ^^

夏以外はおおよそ4時間程度で十分なんです(*゚▽゚)ノ

布団は叩きたくなるけど叩かないで!

お布団を干したあとってついつい布団をたたきたくなりませんか?

これ、実はやっちゃいけないんです。。。

叩くとダニやほこりが落ちて行ってるって感じますよね。

表面に近い部分のは取れていても、布団をたたいてもほこりやダニは完全に除去できてないんですよ⊂(゜ロ゜)

布団をたたく=アレルギーの原因に。

うるる
うるる
布団をたたいてダニを落としているはずが、だんだんと強くなっていく・・・。

旦那が普段何も手伝ってくれなくイライラと・・・・。

トントンドンドンドンドン⊂(゜ロ゜)

気持ちはわかります。。でも、これからはやっちゃだめですよ。笑

 

叩いてしまうとダニの死骸やフンを細かく砕いてしまっており、寝てる時にそのハウスダストの原因たちが飛来し、いつの間にか吸い込んでしまっているのです。

アレルギーやハウスダストが悪化する原因となってしまいます。

布団を叩くことによるデメリットは以下です。

布団を叩くことによるデメリット

ハウスダストの原因たちが飛来し、いつの間にか吸い込んでしまう

生きているダ二は音と衝撃に反応してひっそり奥へ隠れてしまう為、結果死滅させる事が出来ない。

中綿が損傷されるためクッション性の低下

保熱性、断熱性などのお布団の機能の低下。

結論、叩くより撫でよう!!

 

実験にておもしろい結果が出ています!

「布団は”叩く”よりも”撫でた”方が布団の表面のダニなどの、汚れが落ちる」というもののです。

さはら
さはら
夫は叩かれてばかりだとどんどん心がくすんでいきますので、撫でてあげた方が出世しやすいとも言いますしね!!(*゚▽゚)ノうるる!だからもっと優しく対応してね☆
うるる
うるる
久々に出てきたと思ったら、うっさいわぁーー!!⊂(゜ロ゜)バシッ!

羽毛布団等はどうすればいいの?

部屋干しがいいです!

さはら
さはら
羽毛はデリケート素材となるので、妻のように優しくやさしぃーく扱いましょう(*゚▽゚)ノ
うるる
うるる

だから調子いいこと言なっ!!(;`O´)o

でも、本当に紫外線に弱い素材です。だから、痛みや劣化が早くなっていっちゃうので部屋干しがおススメなんですよ(´∀`*)

布団乾燥機の使用!

どちららかというと『 干す 』のではなく、『 乾かす 』に近いですね!

表面を熱風で温め、布団内の湿度を減らし、ダニや撃退するのです。

うるる
うるる

布団乾燥機の方が天日干しより効果あると言われてるんですよ♪

ただ、乾燥機には色々と種類があるのはご存知でしょうか?今から詳しくごタイプ別に紹介していきましょー(*゚▽゚)ノ

布団乾燥機のおススメのタイプ

布団乾燥機の種類は多きく2つに分かれます。

布団乾燥機の種類

・ノズルタイプ

・マットタイプ

ノズルタイプよりマットタイプが適している??

ノズルタイプの特徴・・・

ドライヤーの様に布団内にノズルを入れ、熱風を送りこむのでノズルタイプは熱風が全体送り込めずにムラが生じてしまいます。

同様に、布団の形状・縫い方や重みによって空気の通り道が塞がれてしまいますの、より熱風が行き届きません。

そうすると、布団全体にダニがいるのに対して、部分ぶぶんでしか駆除できません。

マットタイプの特徴・・・

布団と敷布団(ハンバーガーの様に)間にマットを敷くことで、そのマット内に熱風を送ります。

その為、マットが風船のようにが膨らみますので、重い布団でも空気の力で押し上げてくれるので、接地面全体を均一に温めるのでダニを殲滅させることができます。

うるる
うるる
だからこそ、ダニ対策にはマットタイプが効果的なんですよ(´∀`*)

まとめ

・夏場は午前中に干す

・天日干しをしたお布団は、『 叩く 』より『 なでる 』

・羽毛布団は陰干し

・布団乾燥機を購入予定ならマットタイプがおすすめ

うるる
うるる

そろそろ、梅雨時期です。。

ダニにお困りの・対策を検討されているあなたにご参考いただけましたら幸いです(^^♪

最後までお読み頂きましてありがとうございます(*゚▽゚)ノ